カラフルな深呼吸@FRANCE

フランスでの日々を綴る。テキスタイルを学んでます。

フランスでの学生ライフゥ [10/13]

Coucou !

 

私の学校では、たいてい朝8時から夕方6時半まで授業がある!

朝8時に授業開始ってこれまでの学校生活の中で一番始まるの早いわ、、、!!

と思ったけど、すぐに慣れました。笑

朝の寒くて、ちょっと薄暗い感じの中、歩いてメトロ乗って学校行くの、なかなか悪くない。冬になると真っ暗の中登校することになるらしい(笑)

私の住んでいるところは夏は朝4時くらいに日が出て、夜10時すぎぐらいに沈むから最高なんだけど、冬は9時くらいに日が出て、夕方4時くらいから沈み始めるらしい、、、日中が学校だから、お昼に外に出て日を浴びることが大切だと先輩に教わった。

  

f:id:Ymoe:20161014045748p:plain

これがある1週間の私の時間割。

*ちなみに私はグランゼコール(これはまた後に話すと思いますが、フランスの大学の一つの形態)で ”テキスタイル” について学んでます。もうテキスタイルに関わることしか学んでない!テキスタイルについて、様々な角度から切り込む切り込む!笑(CAOとかプログラミングとかは、学んでるけど、、、あ、あと英語とフランス語)

 

日本の大学の授業と違って、何曜日の何コマ目に「英語」「数学」とか科目が決まってる訳じゃなくて、スケジュールを確認できる自分用のサイトがあって、そこで時間割を確認します。

 

そして、とってもいいな~と思ったのが、私の学校に限ったことなのかまだわかりませんが、一つの科目に対して

CM(Cours Magistal)、TB(Travaux Dirigés)、TP(Travaux Pratiques)

の3つのパターンに分かれている、この仕組み!!

だいたいCM6回、TB8回、TP6回くらいかな?(授業によって違うからわからない)

 

「CM」では学年全員(約90人)と大教室で講義を受けます。たいていの先生はマイクとスライドを使って授業を進めていきます。ここでは基礎的なことをブワァァァァァァァアって説明されます。(私がそう感じてるだけなのか…)

それでも先生は「D'accord?(わかった?)」とか「C'est bon?(いい?)」とか「ça va?(大丈夫?)」とか、とっても頻繁に聞いてくるから、生徒達はけっこう質問してる。

 

ある程度CMが進むと「TD」に移ります。A,B,Cの3つのグループに分けられて、約30人で授業を受けます。ここでは、実際に練習問題を解いたり、実物を見たりと、大教室で学んだことが実際の社会でどのように使われているのかを学んでいます。

例えばMaille(編み物)の授業では、ひとりひとり編み物もらって、授業で教わったことと実物を結び付けます。

f:id:Ymoe:20161014055414j:plain

先生が色々な編み方で織ったものを配ってくれた。

 

f:id:Ymoe:20161014055425j:plain

これは、ほぐす用。ゆっくり自分でほぐしながら、どういう編み方がされているのか、確認した。

 

目で見て触るとやっぱり全然違う。目で見て触って、学んだことの”利用のされ方”をしっかりイメージできることってすごく大事だな。本当にそう思った。あーなるほどね!って自分の身近なものに知識を変換できることが出来て、やっと学んだってことになるんだな。だって、私この授業やってからニットの生地見て、あ、これあの織り方使ってるって分かったもん!すごいうれしかった。くうっテキスタイル学んでるな自分!ってなった。

 

 

続いて「TP」に移り、さらに少人数の15人グループになります。(たぶん6グループに分かれてるから、先生は同じ授業を6回してると思うとめっちゃ大変だな、、、しかもこのTPでは授業ぶっ通し3時間、、、)

ここでは完全実践の授業を受けます。Tissage(織物)やMaille(編み物)では機械を見て、実際に自分で動かしてみます。そして実際に作ってみます。Ennnoblissement(仕上げ加工)やMetrologe(計測)では、白衣きて実験をします。実験は2、3人のグループに分かれて終わった後はレポート提出があります。

 

これは織物を作っているときの写真。 

f:id:Ymoe:20161014062052j:plain

機械の仕組みも学んでたけど、実際に動くのを見て、また自分で動かしてみると、知識がスッと吸収されるのを感じるし、発見もたくさんある。ここに穴があったのね、とか、ここを通るのね、とか、針こんな小さかったんかーい、とか。笑

この織物の機械は私すごく気に入って、ゆっくり音楽聞きながら、一日中ガシャンガシャンやってたい、って思った。(授業中はみんな周りの人が作るのにも興味深々で「C'est joli(きれいだね)」 とか言い合って、なんか楽しかった。笑)

 

f:id:Ymoe:20161014062547j:plain

これ、出来上がり。2人組でやってたんだけど、お気に入りは水色と黄色のところだねってなった(笑)2色混ぜに挑戦したけど、綺麗にはならなかった(笑)またやりたいなこれ。本当に。先生に頼んだらできるかな。

 

 

はーい、私の大学では、こんな感じで授業が進んでいきます。

授業全体を通して先生と生徒の距離が本当に近くて、TD,TPでは先生も席を回ったりしながら授業するから、質問しやすい環境。まあ、一番は生徒みんなが質問しているからそう思うんだろうけど。日本は誰も質問しないから質問しにくいと感じるんだろうし。あと、授業止めちゃ悪いなっていう気持ちだね。。。

これ書いてて他の学校はどんな感じなのかちょっと気になったから今度聞いてみます!

 

 

ちなみに、ここまで書いたけど、私はフランス語めちゃくちゃ初心者でがっつりフランス語の授業受けてるから本当についてけてない。。。けど、それでも楽しいって感じるって、、、早く理解できる用になって理解できる量を増やしたい!!

 

あ、一つ授業で不満ある!それは、、黒板の書き方!!!!本当に雑な人は雑!!

先生の字が雑すぎて何書いているのか、全くわからなかったり、(本当暗号かよってなる。ただのニョロニョロにしか見えない。私には。)それ以前に黒板の問題かチョークの問題か知らないけど、もう字がウッスイの!え?粉黒板についてないけど、みたいな。でも先生は気にせず書き続ける(笑)なぜ?(笑)しかも黒板消しが布のところとかもあって、拭いても白い粉まき散らしてるだけで、きれいになってないし。まあ教室にもよるけど。

でも筆記体はだいぶ慣れてきた。私は活字で書くけどね。筆記体苦手や、、、

 

よし、これで終わり~~

 

Salut ;) !